育毛剤の副作用って何?

育毛剤は、薄毛の改善ができ、髪の毛の成長に必要な影響を頭皮に与えます。そして、頭皮の血行を促進したり、ヘアサイクルを健康に調整する効果もあります。すなわち、育毛剤は髪の毛を生成させる目的として作られた商品です。育毛剤は男性型脱毛症の改善に使われることが一番多いです。育毛剤の中に含まれる成分によって、使うときに体の副作用を引き起こす可能性もあります。下に、育毛剤の副作用について紹介しますので、ぜひご参考ください。

1.頭皮の炎症

天然由来成分を配合した育毛剤は頭皮への刺激は少なく、炎症なども起こりにくいとされていますが、それでも肌に合わない方はいます。すべての人の肌に合うという成分は存在しないようです。そのため、育毛剤に含有されるすべての成分にかゆみや炎症を引き起こす可能性があります。この症状は、頭皮に直接塗布するタイプの育毛剤に多く見られますが、内服薬タイプの育毛剤でも発症する可能性はあります。育毛剤を使用してこれらの変化が起こった場合は、使用を中止して専門家に相談してみると良いでしょう。

2.性機能の低下

男性型脱毛症(AGA)に対応した商品の一部で、勃起不全や精子の減少など男性機能の低下が副作用として報告されています。これは男性ホルモンの一種・ジヒドロテストステロン(DHT)を抑制する作用によるもの。代表的な製品としては、フィナステリドを含有している「プロペシア」などがあります。深刻な症状に陥ることは稀なものの、国内の臨床試験では、「1mgのプロペシアで胃部不快感、性欲減退など約5%の副作用が認められた」と報告されています。副作用については医学的に証明されていないものの、リスクがあることは頭に入れておいたほうがよいでしょう。

3.むくみ

軽度のむくみの場合には様子を見ながら育毛剤を使用してもいいですが体重が増えるほどのむくみが起きてしまった場合にはすぐに育毛剤の使用を停止し病院で診てもらうようにしてください。ただのむくみだと思い放っておくと重症化してしまうことがあります。