育毛剤の効果がない人の特徴

育毛剤は、髪の成長を推進したり、薄毛を改善したりする役割があるものを指します。薄毛になる原因はいろいろありますが、特に生活習慣との関係が多いです。育毛剤を使うのに、薄毛がなかなか改善できないこともあります。ここで、育毛剤の効果がない人の特徴に関して、紹介しますので、そのような特徴を持っている方はお気をつけてください。

1.肉中心の食生活をしている人

肉中心の食生活を送っている人は育毛剤が効きにくいです。肉をいっぱい食べると頭皮から脂が多く分泌され、頭皮の環境が悪くなっていくので、育毛剤が効きにくいんです。これを改善するには野菜をよく食べてもらうしかありません。「自分はちゃんとシャンプーして脂を完全に落としているから大丈夫だ」という人がたまにいるのですが、頭皮の脂は落としすぎてもダメです。脂を落としすぎると乾燥するので、乾燥した頭皮を守るために、逆に脂がより分泌されるようになってしまうんです。

2.夜更かし・睡眠不足の人

夜更かしや睡眠不足は育毛の敵なので、そのような人にも育毛剤の効果が出にくいです。夜の10時~深夜2時の間は髪の毛が生えやすい時間帯と考えられています。この時間帯に眠っていると髪の毛が生えやすいです。早寝早起きして睡眠時間をしっかり取ることが育毛へと繋がります。育毛の状況改善するには十分の睡眠時間が必要です。

3.頭皮の環境が悪い人

頭皮に炎症や肌荒れがある状態で育毛剤を使うと、髪が生えるどころか逆に抜けてしまう危険があります。頭皮に異常がある場合はまず頭皮を治すことから育毛剤を利用し始めることが大切です。