育毛剤の効果による育毛剤のタイプ

育毛剤のタイプというと、育毛剤の形態によって分かれて、液体タイプの育毛剤とサプリタイプの育毛剤があります。また、育毛剤の効果によって男性ホルモン抑制タイプ、血行改善タイプ、毛母細胞活性化を促進するタイプ、皮脂分泌抑制タイプ、及び頭皮保湿タイプなどの育毛剤があります。

男性ホルモン抑制タイプ
男性ホルモン抑制タイプの育毛剤は男性型脱毛症(AGA)に向けて開発されてきた育毛剤です。女性は使用禁止です。男性型脱毛症になる主な原因は男性ホルモンの過剰分泌で、このタイプの育毛剤に含まれる代表的な成分フィナステリドは薄毛を引き起こす5αリダクターゼの働きを阻害し、男性ホルモンを抑え、育毛を促す効果があります。

血行改善と毛母細胞活性化を促進するタイプ
頭皮の血行が悪い場合、髪の毛に酸素や栄養が行き渡らず、抜け毛になりやすいです。血行改善タイプの育毛剤に含まれる有効成分はミノキシジルです。ミノキシジルは頭皮の血行を良くして発毛を生成する毛母細胞の働きを活性化させることで、毛乳頭が十分に酸素と養分を吸収できるため、育毛促進、また発毛因子の増加効果を実現します。

皮脂分泌抑制タイプ
頭皮から過剰に皮脂が分泌されるとフケとなって毛穴を塞ぎ毛髪の成長を阻害できます。皮脂分泌抑制タイプの育毛剤は、余分な皮脂の分泌を抑え、頭皮の環境を整え、頭皮環境を清潔に保つことで抜け毛と薄毛を改善することができます。皮脂分泌抑制タイプの育毛剤はドクダミエキスやイソフラボンという成分を配合するものが多いです。

頭皮保湿タイプ
頭皮が乾燥するとフケが出やすくなり、毛穴を塞ぐことになって毛髪の成長が順調に進んでいません。イチョウ葉エキス、海藻エキスを配合している頭皮保湿タイプの育毛剤は頭皮を柔らかくし、頭皮の保湿で薄毛予防と育毛の目的に達します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です