育毛剤の3種類の作用の紹介

頭髪に関する悩みは最近では多くの方が抱える問題となっています。特に男性は薄毛や抜け毛で悩んでいる方が多くいます。その問題を解決するには、育毛剤を利用することをオススメです。ひとくちに育毛剤といっても、成分によって3種類の作用に分けられます。ここではまず、育毛剤が持っている3種類の作用と代表的な成分について説明いたします。

1.血行を改善する作用

毛細血管を拡張させる、あるいは血流を促進することで、毛母細胞のスムーズな分裂を促すという作用です。頭皮が血行不良を起こすと毛根に栄養が行き 渡りにくくなる上、老廃物が溜まりやすくなってしまうため、薄毛が進みやすくなります。そういった意味で、血行改善は薄毛予防において大きな意味を持つといえるでしょう。代表的な成分としては、ミノキシジル、塩化カルプロニウム、センブリエキスなどが挙げられます。

2.毛母細胞に栄養を与える作用

健康な毛髪が生えるためには、毛根の毛母細胞に栄養が行き渡っていることが必要。そこで、毛母細胞に必要な栄養を補給することにより、毛髪が生えてきやすい環境を整えるというアプローチで育毛ケアを行うことが出来ます。代表成分としては、ビタミン類、アミノ酸、オウゴンエキス、オトギリソウエキスなどが知られています。

3.男性ホルモン拮抗作用

薄毛の原因として男性ホルモンの働きが挙げられることは広く知られています。そこで、女性ホルモン類似物質を用いて男性ホルモンの働きを抑制すると いう育毛ケアが行われているのです。特に男性ホルモンの1つであるテストステロンが変化したジヒドロテストステロンは毛母細胞の増殖を抑えてしまうことが知られており、これが一番の問題です。そのため、テストステロンをジヒドロテストステロンに変えてしまう5αリダクターゼという物質の生成を阻害すると いうアプローチの育毛剤も存在しています。代表的な成分には、フィナステリド、エストラジオールなどが挙げられます。