髪の成長に役立つ栄養物についてのご紹介!

髪が育成するためには、良質なタンパク質、ビタミン群などが効果的です。 これらが多く含まれる緑黄色野菜や果物などを積極的に摂りましょう。

♦ タンパク質

髪の毛の主成分でありベース作りに欠かせないケラチンは、質の高いアミノ酸18種類が結合して構成されているタンパク質です。 肉類、魚類、大豆製品、卵、乳製品などに多く含まれています。 特に、薄毛で悩む人の場合は、コレステロール値が高めの肉類よりも、青身魚や大豆製品から摂るようにしましょう。

とくに大豆製品にはポリフェノールのイソフラボンが含まれていて、髪の毛をつかさどる女性ホルモンのエストロゲンと似た働きがあります。ケラチン同様、髪の毛の成長に欠かせない栄養素なので、少しずつでも摂取するよう心がけるとよいでしょう。

♦ ビタミンA、E、P

血液の流れを良くし、抜け毛予防に役立つビタミンA、E、P。 ビタミンAが不足すると頭皮が乾燥しやすくなりますが、多くとりすぎると逆に頭皮を硬くしてしまったり栄養障害を起こす可能性があるので、バランスよく摂取するほうがよい栄養素です。主に緑黄色野菜にふくまれています。

ビタミンEは若返りのビタミンとも言われており、血管の掃除や保護、血行促進作用の他に、頭皮細胞を壊してしまう過酸化脂質の生成を抑制するなどの働きが見られます。ごまやナッツ類、玄米や胚芽米、魚卵にも含まれます。

またビタミンPと呼ばれているルチンやアセチルコリンは、毛細血管を強くする働きがあります。髪の毛に必要な栄養素を毛母細胞まで届け、毛細血管の細胞壁から血液を進出するのに大きな働きを行ないます。このビタミンPは、緑茶やそば、柑橘類などに含まれます。

♦ ビタミンB群

頭皮の新陳代謝を高める働きをします。 髪の毛にはアミノ酸の一種であるシスチンが豊富で、シスチンから髪の毛や頭皮を作り出すときには炭水化物が必要になります。その炭水化物の代謝を行なううえでビタミンB群が欠かせないのです。そして、ビタミンB1やB2の不足はメラノサイトやメラニン色素の働きを停滞させてしまうため、白髪を作り出しかねません。

ビタミンB群は、豚肉や玄米、レバー、マグロ、大豆などに多く含まれています。